スマート導入とは?

スマート導入法は、当社独自の導入手法です。

スマート導入法では、

スマート導入法では、

面倒な要望書(RFP)作成は必要ありません。
モデル機能を直接点検します。

“簡単”

“簡単”

スマート導入法では、

スマート導入法では、

“役に立つかどうか” “運用できるかどうか”
の心配はありません。
【運用演習】【Try & Go】方式で、事前に確認できます。

“安心”

“安心”

スマート導入法では、

スマート導入法では、

必要なモデルのみを選択導入できます。
その後、段階的に、拡充できます。
モデルの有効利用をお勧めします。
圧倒的なローコスト導入を実現します。

“安価”

“安価”

スマート導入工程図

Smart導入工程図
step1:状況・課題吟味

顧客より、状況および課題を説明していただきます。
当社も、助言、提案をさせていただきます。もし、似た事例があれば御紹介します。

対応するPilotモジュールを選定します。該当Pilotを自動デモで体感してください。
御質問、御要望にお答えします。

step3:運用演習

“論より証拠”です。実際の利用場面(拠点・担当者・タイミング)を想定して、現場の方と一緒にデモプログラムを運用してみましょう。設定および操作を支援します。稼働準備、初期設定の内容を双方で確認します。
終了後、“使えるかどうか”の判断が可能となるでしょう。

step4:オプション工程

運用演習の結果、場合によっては、以下の追加作業が必要となることもあります。

step4.1:分析・提案オプション

従来の方式とPilotの方式が異なる場合には必要でしょう。

step4.2:モデル修正オプション

いわゆるカスタマイジングです。
極力、運用の工夫で対応しましょう。

step4.3:ODTオプション

貴社データ(近似値)を使って、Pilot機能を確認します。[Own Data Trial]

step4.4:企画書オプション

社内説明用に標準的な企画書を用意します。

以上の工程は一切無料です。
但し、オプション工程の負荷が大きい場合は、費用をいただく場合があります。

step5:ご契約

よろしくお願いします!

step6:稼働準備

顧客御自身で実行していただきます。
当社カスタマサービスがリモートで無料御支援します。
作業代行を御要望の場合は費用をいただきます。

step7:運用開始

楽しく運用しましょう!

導入準備段階のご説明

実際にPilotをお使いいただくにあたって、お客様に下記のような準備をしていただく必要があります。

こちらの詳細説明ページをご覧ください。

  1. 基幹データ連携の準備
  2. パラメータテーブルの初期設定
  3. 運用操作演習