データ連携 及び 初期設定

準備1

Pilot別必要データ

※1 出荷予測データはPilot出荷予測モジュールを用いることも可能です。
※2 属性別在庫が必要になります

準備2

ヒント!

当社カスタマーサービスへお気軽にご相談ください。

データ連携
ポイント!
Pilot必要データ項目は最小限に留めています。
商品パラメータは基幹システムには馴染まない項目を含みます。
例えば、入荷リードタイムや発注ロットサイズなど

基幹システムの倉庫コード体系から、Pilot拠点倉庫単位に纏めます。

基幹システムの商品コード体系から、Pilot商品単位で継承します。

Pilot商品単位の数量単位に換算します。

Pilotは計画用に用いるものです。会計処理とは異なり一円一銭に拘る必要はありません。例えば、返品等が計画に与える影響を考慮しデータに加えるか否か判断します。

準備3

標準運用を想定した初期値を設定しています。ご利用に合わせ変更下さい。

Pilotでは多くのケースで商品グループ毎に処理を促します。サプライヤ毎、担当者毎、商品特性毎など、業務に合わせ任意に設定できます。

在庫適正化は調達を制御することに他なりません。基幹システムには見られない調達に必要なパラメータを設定頂く必要があります。

お試しください

TeamsやZoomを利用したご相談に応じることができますので、お気軽に当社カスタマーサービスへご連絡下さい。

参考資料

※お問合せください。